健康のリスク

    人間にとって重要な睡眠ですが、十分な質と時間がとれていない現代人が増えています。近年多くなってきているのが、睡...

    Readmore

    生活にも影響

    睡眠時無呼吸症候群という病気がよく聞かれるようになったのは最近の事です。睡眠は人生の3分の1にあたるだけでなく...

    Readmore

    治療にかかる費用

    睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り睡眠時に呼吸が止まるという病気です。もちろん、止まり続けたら死んでしまうので...

    Readmore
いびきから無呼吸に

シングルベッド

「いびき」の原因は1つではありません。
一過性のものや習慣性となっている物もあります。
その中で、習慣性となっているいびきの原因が睡眠時無呼吸症候群によるものである場合があります。
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まるということを何度も繰り返すことを言い、場合によっては1~2分も呼吸が止まってしまう場合もあります。
十分な睡眠を確保することが出来ない為、日中に突然の眠気を感じることがあります。
車やバイクなどを運転している際にこのような眠気に襲われることによって、重大な事故を引き起こす可能性があると言われています。
患者の数は日本人で50人に1人であると言われていますが、今後はますます増えていくことが考えられます。

診療科目と治療について


最近では、睡眠障害の診察・治療を行っている医療機関も増えてきています。
数多くの症例の治療実績があるため、豊富な知識と経験を持ち合わせています。
しかし、まだまだ数が少ないのが現状としてあります。
そのような場合には、耳鼻科や呼吸器内科などでも治療を受けることが出来る場合もあります。
一人ひとりの原因を見極めた上で、最適な方法を選択することが大切になります。
保険適用外ですので、全てが自由診療となります。
費用は自己負担となりますので、病院によって費用が異なる場合があります。
必ず事前に確認するようにしましょう。
また、自覚症状の少ない病気ですので、症状などを詳しく知る家族などと一緒に診察などを受けるようにしましょう。

程度に応じた治療法を選びましょう


睡眠時無呼吸症候群である場合に、仰向けで寝ることによって気道が圧迫される場合があります。
そのような場合には、マウスピースを装着事によって、下顎を固定することで症状を軽減することが出来る場合があります。
他の方法に比べて、費用も比較的安価であるというメリットがあります。
歯科でマウスピースを作成する場合、保険が適用されることもあります。
症状が軽度である場合には、選択肢の1つとして考えられる方法です。
最もよく行われている方法として、CPAPという装置を睡眠時に装着する方法があります。
中等度以上の人に対して効果的な方法であり、副作用が無いというメリットもあります。
CPAPは持ち運び可能ですので、旅行先などでも使用可能です。

オススメリンク

健康のリスク

人間にとって重要な睡眠ですが、十分な質と時間がとれていない現…Read more

生活にも影響

睡眠時無呼吸症候群という病気がよく聞かれるようになったのは最…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031